歯磨きしているのに臭う?口臭の原因と対処法を

歯磨きしているのに臭う?口臭の原因と対処法を

マスクをするようになって気付く自分の口臭

コロナ禍において、マスクの装着が日常化して、自分の口臭が気になるようになった人は少なくありません。毎日歯磨きしているのに、なぜ口臭が生じるのか、不思議に感じている人もいらっしゃることでしょう。ここではそんな口臭が生じる原因と具体的な対処法についてわかりやすく解説します。

 

口臭の主な原因は歯周病や虫歯です

口臭の原因は、人によって異なりますが、以下に挙げる4つに集約されます。

①口腔内の汚れ・病気が原因
②全身の病気が原因
③飲食物・嗜好品が原因
④生理的口臭が原因

このうち、口腔内の汚れや病気が口臭全体の90%を占めていると言われています。具体的には歯周病や虫歯、舌苔(ぜった)などのお口の汚れです。

歯周病

歯周病にかかると、歯周病菌がメチルメルカプタンと呼ばれる特殊なガスを産生します。このガスは“腐ったたまねぎ”のような臭いを放つため、口臭の原因となりやすいです。

虫歯

虫歯が重症化すると、歯髄にまで感染が及び、神経や血管を腐らせます。その過程で腐敗臭などを放つようになるのです。

舌苔

舌苔は、舌の表面に形成される白い汚れです。苔(こけ)のような性状を呈していることから、このような名前が付けられています。その中には無数の細菌が生息しており、タンパク質を分解するなどの活動を営んでいます。タンパク質が分解される過程で、臭いの原因となる硫化水素などが産生されます。

 

口臭の対処法

毎日の歯磨き

口臭の対処法として、最も有効なのは毎日の歯磨きです。お口の中に汚れがたまらなければ、病的な口臭も発生しません。ただ、自己流に歯磨きしていてもプラークフリーな状態を作るのはなかなか難しいです。そこで是非とも受けていただきたいのがブラッシング指導です

ブラッシング指導を受ける

歯並びは人によって異なるため、適切なブラッシング法も千差万別です。口腔ケアのプロフェッショナルである歯科医衛生士からブラッシング指導を受けることで、最適といえる歯磨きの方法が身に付きます。それを日々の口腔ケアで実践しましょう。ちなみに、歯ブラシだけで取り除ける歯垢の量は、全体の60%程度にとどまります。デンタルフロスや歯間ブラシなど、補助的清掃器具も適宜、使用していく必要があります。

 

舌の汚れについて

口臭の原因としては、舌苔も忘れてはいけません。舌苔は健康な人でもある程度、形成されているのですが、その量が過剰になると口臭が気になり始めます。舌苔はプラークとほぼ同じ物質なので、堆積するとお口の中に悪影響が生じます。舌ブラシと呼ばれる専用の清掃器具で、やさしく取り除きましょう。歯ブラシでゴシゴシ磨くと、舌を傷つけてしまうため要注意です。

 

毎日できる口臭ケア

口臭を改善、あるいは予防するためにはできることはたくさんあります。

・正しい方法で毎日歯磨きを行う
・デンタルフロスや歯間ブラシも活用する
・ベロの表面を舌ブラシで磨く
・キシリトールガムを噛んで唾棄分泌を促す
・小まめに水を飲んで口腔乾燥を防ぐ
・口臭の原因となるタバコやコーヒーを控える
・生活習慣を見直す(暴飲暴食や睡眠不足など)

 

まとめ

このように口臭の原因はさまざまですが、そのほとんどがお口の中に由来しています。そのため、口腔ケアを徹底することで、口臭を改善できるケースも極めて多いといえます。正しいブラッシング法を身に付け、毎日の口腔ケアで実践することで、口臭はもちろんのこと、歯周病や虫歯も予防することが可能となります。口臭は健康のバロメーターであり、常に正常な状態を保てるよう努めていきましょう。

 

一覧を見る

ご予約はこちらからどうぞそめたに歯科クリニック

このページの先頭へ