子どもの顎関節症が増えている!?

子どもの顎関節症が増えている!?

こんにちは(*^^*)

寒くなってきましたが風邪などひかれてないですか?

今回は子どもの顎関節症についてお話します!

初めに、顎関節症の症状は??

食べ物を噛んだり、長時間話すと顎が疲れる、口を開閉するときに痛みを感じる、あくびをしたり口を大きく開けて食べることができないなどです。

思い当たる項目はありましたか?

以前は20、30代に多かったのですが、最近では小学生から中学、高校生の子どもたちに増えているようです!

どうして???

噛み応えのある物を摂らなくなったことで咀嚼回数が減り顎の骨や筋肉の発達が鈍くなっていることはよく原因に上がりますが、
受験勉強や習い事のストレスや歯ぎしり、長時間ゲームで遊んだりスマートフォンをみることにより同じ姿勢のまま過ごしたり
夜寝てる間など無意識に歯を強く噛みしめていることなどが顎への負担になっています。

もしもお子様が顎の痛み、口を開けずらいなどを意思表示した場合はかかりつけの歯科医院へご相談してみてください。

鎮痛剤による治療やマウスピースで歯ぎしりを防ぐなど、症状に応じた治療を行います。

日々の生活の中にも改善予防できるポイントはあります。

長時間同じ姿勢を取らず、肩の上げ下ろしなど簡単なストレッチで体をほぐす、噛み応えのあるものを食事に取り入れるなどです!

参考にしてみてください☆彡

こちらでもマウスピースでの治療方法を行ってますのでご気軽に相談しに来てくださいネ☺

 

一覧を見る

ご予約はこちらからどうぞそめたに歯科クリニック

このページの先頭へ