ガムで虫歯の予防

ガムで虫歯の予防

 

みなさま、こんにちは。

だんだんと寒さが増し、今年も残すところ、あと一か月半になりましたね。

最近 ドラッグストアやコンビニなどで売られているガムにはキシリトール配合のガムが多くなりました。

これらを上手に活用して虫歯や歯周病を予防しましょう✨✨

キシリトールは白樺や樫などの樹木から抽出された成分が原料の天然甘味料で、野菜や果物にも含まれています。

このキシリトールには虫歯予防の効果が認められています。

(´・∀・`)ヘー    ↓ ↓ ↓

1、歯を溶かす酸をつくらない

 虫歯菌は食事の際のたんぱく質や糖を食べ、糞として歯を溶かす酸 を出します。この酸によって歯の表面が溶けることが、虫歯発生のきっかけです。キシリトールは虫歯菌が食べても酸を作れないため、虫歯になりにくいのです。

2、唾液を多く出す

 甘未の刺激やガムを噛むことによって多くの唾液が出ます。唾液は虫歯菌の出した酸を中和したり、酸で溶かされた歯を修復する力があります。

3、歯垢を落としやすくする

 キシリトールは虫歯菌に分解されても、ネバネバした物質を作りません。できる歯垢はさらさらして歯磨きで簡単に落とせます。

4、再石灰化が促進する

 キシリトールは唾液中のカルシウムと一緒になり、歯の表面を強くします。虫歯菌の酸によって、溶かされた歯の表面は、唾液中のカルシウムによって修復されます。その時、キシリトールとカルシウムが結びついた成分が歯の表面に付き、より強い歯になります。

 

このようなことから、キシリトール配合のガムを食後に5分以上噛むことが虫歯予防に良いとされています。

キシリトール配合のガムの中にも、酸を作り出すブドウ糖や果糖などの糖類が含まれているものもあるので、購入の際は糖類を含まないノンシュガーがお勧めです。

だけど、

キシリトールガムを噛んでいれば必ず虫歯にならない

ということではありません!

大切なのは毎日の歯磨き

歯医者さんでの定期検診です。

当院では定期的なチェックと

クリーニングをお勧めしています。

 

⛄≪皆さま、予防はじめませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧を見る

ご予約はこちらからどうぞそめたに歯科クリニック

このページの先頭へ