妊娠中の治療について

妊娠中の治療について

みなさま、こんにちは。

日増しに暑くなり、夏が来た!感じですね。

今回は妊婦さまの歯のケアと治療についてお知らせしたいと思います。

妊娠すると虫歯が増えると言われていたことがありますが、実際には妊娠と虫歯に直接の関連はありません。

妊娠中は

・間食する機会が増える。

・つわりで歯磨きがしっかりできない。

・女性ホルモンの増加によって唾液の性状が変わる。

これらの事が原因で虫歯になりやすい状態になっています。

また、ホルモンバランスの変化により歯茎が腫れやすく、そのため歯茎から血が出るようになったという方も多くみられます。

つわりで辛い時は無理をせず、体調の良い時に丁寧にブラッシングするようにしましょう。

大き目の歯ブラシは喉を刺激して吐き気を感じることもあるので、ヘッドの小さい歯ブラシがおススメです。また、歯磨き粉の匂いがダメなら使用しなくてもかまいません。

治療が必要な方は、安定期の妊娠5カ月から7カ月ころを選びましょう。

母体が不安定な妊娠初期や胎児が大きくなって妊婦さまの心臓や肺に圧迫感感じる妊娠後期はなるべく治療は避けましょう。

治療の際に局所麻酔を使う場合がありますが、これは無痛分娩の際などに使う麻酔と同じもので、母体に悪影響はないとされています。

不安なことがありましたら、産婦人科の先生や歯科医師と相談しながら治療をしていきましょう。

 

一覧を見る

ご予約はこちらからどうぞそめたに歯科クリニック

このページの先頭へ