虫歯が原因の発熱について解説

虫歯が原因の発熱について解説

虫歯は、お口の中の病気なので“発熱”という全身症状とは何ら関連がないように思えます。けれども実際は、虫歯を始めとした口腔内疾患が原因で発熱することがあります。逆に、風邪などの体調不良によって、歯痛が生じることもあるのです。ここではそんな虫歯と発熱の関連についてわかりやすく解説します。

 

虫歯が原因で発熱することはある?

虫歯が重症化すると発熱が起こる

軽度から中等度の虫歯であれば、症状は歯だけにとどまります。冷たいものがしみたり、ジンジンとした自発痛が生じたりするだけです。それが重症化すると、細菌感染が周囲組織にまで広がり、発熱という症状にまで発展することがあるのです。

 

発熱と関連するその他の口腔疾患

虫歯以外にもお口の病気には、発熱を誘発するものがあります。それは歯周病・歯根膜炎・歯根のう胞・歯根破折・顎骨周囲炎などです。いずれも重症化することで細菌感染や炎症反応が広範囲に波及し、発熱を引き起こすことがあります。

 

虫歯が原因の副鼻腔炎

上顎の奥歯のすぐ上には、副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる空洞が存在しています。虫歯が重症化して歯の根の先から細菌が漏れ出ると、副鼻腔に感染が広がることで、副鼻腔炎を発症することがあります。その結果、鼻づまりや頭痛、発熱が生じます。

 

体調不良で歯が痛むのはなぜ?

風邪を引いた時の歯痛

健康な時は無症状であっても、風邪を引いた時に歯痛が生じることがあります。これは風邪によって免疫力が低下することで、細菌の活動が活性化されているためです。以前に治療した歯に虫歯菌が残っていて、感染を引き起こすこともあります。

 

歯と無関係の病気からの歯痛

歯痛は、心筋梗塞などの全身疾患、精神的ストレス、肩こり、頭痛などからも引き起こされることがあります。歯ぎしりや食いしばりといった悪習癖がある場合も、口腔周囲の筋肉に過剰な負担がかかることで歯痛が生じ得ます。

 

どちらが原因なのか判別する方法は?

このように、虫歯が原因で発熱する場合と、体調不良が原因で歯が痛む場合があるため、どちらが根本的な原因なのか、迷うケースも少なくありません。そこで注目していただきたいのが痛みの範囲です。1本の歯が強く痛む場合は、虫歯が原因であることが多いです。複数の歯、あるいは歯茎や顎全体といった広範囲に痛みが生じている場合は、体調不良が原因と考えられます。ただし、正確な診断は医師や歯科医師でなければ下せませんので、まずは医療機関を受診しましょう。

 

歯の痛みを放置するリスク

歯の痛みを放置すると、虫歯や歯周病が重症化するだけでなく、心筋梗塞などの全身疾患を引き起こすこともあるため要注意です。痛みがすぐに引いた、何とか我慢できるいたみだからと放置せず、一度根本的な原因を突き止めておくことが大切です。

 

発熱がなくても頭痛を招くこともある

重症化した虫歯では、発熱がなくても頭痛が生じることがあります。そうしてケースでも、速めに医療機関を受診することをおすすめします。場合によっては深刻な異常が潜んでいるかもしれません。市販の鎮痛剤などによって症状が改善されたとしても、放置せずに正確な診断を受けましょう。

 

まとめ

虫歯と発熱、頭痛というのは、一見すると何ら関係のないもののように思えますが、実際はそうでないケースもあります。今回ご紹介したような症状にお悩みであれば、一度歯科を受診しましょう。虫歯や歯周病が原因であれば、早急に治療する必要があります。

 

一覧を見る

ご予約はこちらからどうぞそめたに歯科クリニック

このページの先頭へ