妊娠中の歯科治療について

妊娠中の歯科治療について

妊娠中に歯が痛くなっても、赤ちゃんへの影響が心配で歯科を受診できない、という方は少なくないことかと思います。確かに、歯科治療では外科的な処置も行いますし、麻酔やレントゲン撮影も実施します。今回はそんな妊娠中の歯科治療について、わかりやすく解説します。

妊娠中に歯科治療を受けても大丈夫?

妊娠中の歯科治療は、時期によってその是非が異なります。基本的に歯科治療が推奨されるのは安定期である妊娠5~7ヶ月ごろです。この時期であれば、つわりも落ち着き、心身ともに安定していることでしょう。胎児の発育も進んでいるため、局所麻酔やレントゲン撮影による悪影響も極めて小さくなります。以下の表は、治療できる期間について簡単にまとめたものです。


歯科治療を避けた方が良い期間について

妊娠初期は、妊婦さんの体調が不安定となるだけでなく、胎児の発育も活発に進むことから、歯科治療は原則として避けるべきです。出産を間近に控えた妊娠後期も歯科治療は推奨されません。仰向けで行う歯科治療は、腹部が大きくなった妊婦さんにとって過剰な負担を強いることとなります。歯科治療は、出産を終えてから再開しましょう。

 

妊娠中はできるだけ避けた方が良い歯科治療について

妊娠中は、ホワイトニングや矯正治療は避けるべきです。ホワイトニングが胎児に与える影響は、未だにわかっていません。基本的に安全なものではありますが、無理して妊娠中に行う必要はありません。矯正治療は、むし歯や歯周病のリスクが高まることから、妊娠期にスタートするのは避けましょう。

 

痛みや腫れが強い時は要相談

妊娠初期や後期だからといって、絶対に歯科を受診してはいけないということではありません。歯や顎に強い痛みや腫れが生じている場合は、我慢をせずに診察を受けましょう。積極的な治療を行うかどうかは歯科医師が判断します。自己判断で市販薬を飲んだり、放置したりする方が悪い結果を招くことがあります。

 

ご自身で行える予防法について

妊娠中は、むし歯や歯周病のリスクが高まっています。これはホルモンバランスの乱れによる唾液分泌の低下、つわりでブラッシングが困難となることなどが関係しています。その上、歯科を受診する期間が限られることから、お口のトラブルは予防するに越したことはありません。

妊娠をする前よりも念入りな歯磨きを行い、口腔衛生状態の向上に努めましょう。普段からガムを噛んでいると、唾液の分泌が促されて、口腔乾燥を防止できます。とくにキシリトール入りのガムであれば、むし歯菌の活動を抑えることにもつながります。

 

歯科治療と赤ちゃんへの影響

レントゲン撮影

歯科で行われるレントゲン撮影は、X線の照射が口腔周囲に限定されていることから、お腹の赤ちゃんへの影響はほぼありません。鉛製のエプロンを身体に装着するため、放射線防護も万全です。しかも、レントゲン撮影は1~2回程度しか行わないので、特別に心配する必要はありませんよ。

局所麻酔

歯科治療で使用する麻酔は、歯や歯茎だけに効果が現れる薬剤です。胎児への影響も少ない麻酔薬を選択することから、基本的に安全といえます。

処方薬

歯科治療後は、抗生剤や鎮痛薬が処方されますが、妊婦さんに対しては赤ちゃんへの影響が少ない薬剤が選択されます。

 

受診する際に注意すべきこと

妊娠中に歯科を受診する際には、以下の3つのポイントを歯医者さんに伝えるようにしましょう。

・妊娠何週目か
・妊娠中の体調
・現在服用している薬剤、服用できない薬剤

また、治療時にお腹が痛くなったり、気持ち悪くなったりした際には、速やかに歯科医師へ伝えるようにしましょう。ケースによっては、治療を別の日に変えた方が良いこともあります。

 

まとめ

このように、妊娠中は歯科治療の可否も含めて、注意すべきことがたくさんあります。ただ、適切な時期と適切な方法を選択すれば、妊娠中であっても問題なく歯科治療を受けることができます。妊婦さんがお口のトラブルに見舞われたら、まず歯医者さんに相談するのが良いといえます。

 

一覧を見る

ご予約はこちらからどうぞそめたに歯科クリニック

このページの先頭へ