床矯正の特徴とメリット・デメリットを解説

床矯正の特徴とメリット・デメリットを解説

矯正治療といえば「ワイヤー矯正」が一般的ですが、「床矯正(しょうきょうせい)」という治療法もあります。一般の人からすると、馴染の薄い矯正法であるものの、小児矯正においては非常に重要な役割を担っています。ここではそんな小児矯正の特徴やメリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

床矯正とは?

床矯正とは、入れ歯のように「床」の部分が存在している矯正装置を用いた治療法です。レジンで作られた床に、ネジやワイヤーなどを埋め込まれています。歯列にブラケットとワイヤーを設置するワイヤー矯正とは、見た目も治療目的も大きく異なります。

床矯正で「できること」

床矯正は、主に顎の骨の幅を広げる際に用いられます。例えば、上の顎の幅が狭いと、歯がきれいに並ぶためのスペースが不足しますよね。その結果、叢生や出っ歯などを引き起こしてしまうことから、床矯正装置によって骨の横幅を広げるのです。具体的には「緩徐拡大装置」や「急速拡大装置」といった床矯正装置を用います。その他、歯に内側から圧力をかけることで、デコボコの歯列をある程度整えることも可能です。

床矯正で「できないこと」

床矯正では、以下に挙げるような歯の移動は行えません。

・歯並びの細かい調整
・根元から大きく歯を移動させること
・重症度の高い歯列不正の改善

上述したように、床矯正は顎の骨の幅を広げるのが主な機能です。そのため、ワイヤー矯正のように半裸日を細かく整えたり、歯を根元から大きく移動させたりすることもできません。また、極端に半裸日が悪い症例にも向いていない矯正法といえます。

子どもが対象の矯正治療

床矯正は、主に子どもが対象となる矯正治療です。顎の骨の発育が活発な「4~12歳」くらいの子どもが治療を受けます。この時期であれば、効率良く顎の骨を拡大できるからです。ケースによっては成人した人も床矯正の対象になることもあります。歯や顎の骨の状態というのは、人によって大きく異なるため、どの治療法を選択するかは歯科医師と相談しながら慎重に決めていくことが大切です。

床矯正のメリット・デメリット

床矯正は、比較的手軽に矯正できる治療法だけに、たくさんのメリットが得られます。同時に、デメリットも存在しているので、それらをバランス良く理解しておくことが大切です。

床矯正のメリット

床矯正には、以下に挙げるようなメリットがあります。

・お手入れが簡単
・食事がしやすい
・治療に伴う痛みが少ない
・ワイヤー矯正よりも費用が安い

床矯正とワイヤー矯正の最大の違いは、取り外し可能かどうかです。床矯正は、患者さまの意思で自由に取り外すことができるので、日常生活で不便を感じることが少ないです。まず、歯磨きや食事の際には取り外せるので、治療前と同じような生活を送ることができます。

また、ワイヤー矯正のような強い力がかかりにくいため、施術に伴う痛みも少ないというメリットがあります。急速拡大装置のように強い力がかかるものもありますが、基本的には弱い力でゆっくり矯正していく治療法といえます。

 

床矯正のデメリット

床矯正には、以下に挙げるようなデメリットがあります。

・装着時間を自分で管理しなければならない
・発音しにくくなる
・違和感や異物感が大きい

床矯正は、取り外しが自由に行える装置だけに、自己管理が難しいというデメリットがあります。装置の種類によっても異なりますが、最低でも1日に8時間以上の装着が必要となります。そうした装着時間をきちんと守れない場合は、治療計画に狂いが生じ、思うような結果が得られなくなってしまいます。

装置の形態が複雑であり、サイズが大きい点もデメリットにつながります。なぜなら、発音障害を起こしたり、違和感や異物感に悩まされたりするからです。この点に関しては、入れ歯と同様、1~2週間もすれば慣れることでしょう。

まとめ

このように、床矯正は手軽に行えて痛みも少なく、治療費も安い治療法ですが、すべてのケースに適応できるわけではありません。歯並びを細かく整えるのであれば、ワイヤー矯正の方が適しています。ですから、歯並びの乱れにお困りであれば、まず矯正相談を受けることをおすすめします。

一覧を見る

ご予約はこちらからどうぞそめたに歯科クリニック

このページの先頭へ